1.  > 
  2.  > 
  3. 江戸時代より350年の歴史を紡ぐ 萩焼の窯元が贈る「萩焼展」

このイベントは終了しました

イベント

江戸時代より350年の歴史を紡ぐ 萩焼の窯元が贈る「萩焼展」

期間:2016年9月1日(木) ~ 2016年10月17日(月)

開催時間:9時00分~19時00分

主催:ながと歴史民俗資料室

江戸時代より続く!長門の隠里「三之瀬焼き」と呼ばれる萩焼の窯元が紡いだ歴史がここに…

1604年戦国大名の毛利氏が萩藩の御用窯として開窯されました。約半世紀の後、藩の許しを得、職人の一部が長門市深川三ノ瀬(そうのせ)の地に移り窯を築きました。江戸時代、萩は「松本焼き」、長門は「深川(三ノ瀬)焼き」と呼ばれ、「深川焼き」は御用窯でありながら、商売用の「自分焼き」が許されており庶民に近い窯でした。その後、各家系で今も脈々と受け継がれています。今回は長門市に寄贈された萩焼作品を中心に16名の名作家による40点を展示しています。中には、同じく山口県長門市出身の画家「香月泰男」が絵付けしたと言われる茶器も!入場料無料ですので、ぜひこの機会に貴重な萩焼作品をご覧ください。

基本情報

会場 ながと歴史民俗資料室(長門市教育委員会1F)
所在地 〒459-4101 山口県長門市東深川2660-4
アクセス ・中国自動車道「美祢IC」より車で約36分
・ ブルーライン交通又はサンデン交通「赤崎神社前」バス停より徒歩約1分
駐車場 約10台
駐車場料金 無料

お問い合わせ

  • ながと歴史民俗資料室
  • TEL : 0837-23-1264

マップ

開催内容

20160901-1017_萩焼展

入館料

無料

  • カレンダーで検索
  • 詳しい条件で検索
12月
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
« 11月   1月 »

おすすめイベント

  • Google+
  • LINE