観る

エリア
青海島・通・仙崎エリア

弁天島

金子みすゞが「仙崎八景」のひとつとしてうたった「弁天島」

弁天島に祭られている神社は厳島(いつくしま)神社といい、遣唐使の吉備真備(きびのまきび)の創建といわれています。主祭神は「市杵島姫命(いちきしまひめのみこと) =弁天様」、「湍津姫命(たぎつひめのみこと)」「田心姫命(たごりひめのみこと)」の三女神です。海路安全、漁業振興をはかる海の神様で、天照大御神(アマテラスオオミカミ)が弟の素盞鳴尊(スサノオノミコト) と誓約うけい(相手の邪心がないかどうか調べる為の神事)をした時、素盞鳴尊の十拳の剣とつかのつるぎから生まれた清らかな神々です。

自然・景勝地

基本情報

住所 〒759-4106 山口県長門市仙崎

マップ

金子みすゞが詠んだ詩

弁天島 金子みすゞ
「あまりかわいい島だから
ここには惜しい島だから、
貰ってゆくよ、綱つけて。」
北のお国の船乗りが、
ある日、笑っていいました。
うそだ、うそだと思っても、
夜が暗うて、気になって、
朝はお胸もどきどきと、
駈けて浜辺へゆきました。
弁天島は波のうえ、
金のひかりにつつまれて、
もとの緑でありました。
「金子みすゞ童謡全集」(JULA出版局)より

※金子みすゞの詩は、金子みすゞの著作保存会の了承を得て掲載しています。
転載される場合は、必ず「金子みすゞ著作保存会」の許可を得てください。

  • Google+
  • LINE