1.  > 
  2.  > 
  3. 二位ノ浜ハマユウ群落

観る

エリア
油谷・日置エリア

二位ノ浜ハマユウ群落

二位ノ浜ハマユウ群落は、日本海側の自生北限地で、7月から8月にかけて白い花を咲かせます

砂浜にはハマユウ(別名:ハマオモト)という大型の常緑多年生草木が群生し、例年7~8月の海水浴シーズンに見頃を迎え、白い可憐な花を咲かせます。ハマユウは花が木綿(ゆう)のように白く垂れることから浜木綿と書きます。花は夕方から開き始め、深夜に満開になります。太い茎の先によい香りの白い花を10数個咲かせます。このハマユウは暖国海岸に自生する植物で、日本海側では山口県長門市の二位ノ浜が自生する北限地ですので、これ以上北上をするとなかなか見られません。昭和31年にはこのハマユウが県指定天然記念物に指定されました。

自然・景勝地

基本情報

住所 〒759-4401 山口県長門市日置上西ヶ浴谷
アクセス JR長門古市駅から車で10分
駐車場 200台
駐車場料金 (海水浴シーズン中のみ) ・大型バス 2000円
・マイクロバス 1500円
・普通車 700円
・自動二輪 200円

マップ

ハマユウの見ごろ

7~8月頃

  • Google+
  • LINE