1.  > 
  2.  > 
  3. 「るるぶキッチン×山口県長門市」特集フェア・現地レポート

「るるぶキッチン×山口県長門市」特集フェア・現地レポート

News
  • 記事更新日:

    2022.01.07

  • ライター情報:

    長門市観光コンベンション協会

ながとの食を東京で

1月4日(火)より、東京都新宿区にある「るるぶキッチン 酒処 何方此処」にて「『るるぶキッチン×山口県長門市』特集フェア(1/4~1/31)」が開催されています。

このたびの特集フェアは、お正月シーズンということもあり、<日本酒に合うおつまみ>をテーマに、山口県長門市の特産品である「長州黒かしわ」や「仙崎イカ」などを使用したオリジナルメニューを提供しています。

本ページでは、現地の様子を写真とともにお届けします。

特集フェアについて

ななびイベントページ「『るるぶキッチン×山口県長門市』特集フェア(1/4~1/31)」をご覧ください。

期間限定オリジナルメニュー誕生

1月6日(木)、雪がシンシンと降っている中、会場である「るるぶキッチン 酒処 何方此処」を訪れました。

JR新宿駅・東南口から徒歩3分と駅の近くにあります。レトロな青い看板が目印です。

店内は暖色の明かりに包まれていて、手前に各地方のお土産物、奥に立ち飲みスペースが設置されていました。

入口付近のお土産物は、るるぶ編集者が日本全国を旅して見つけた各地の産品が並んでいます。

その中心に「NAGATOSHI YAMAGUCHI」と表記された、長門市のお土産物を発見。

期間中、長門のお土産も販売されています。

  • ゆずきち果汁 700円
  • 俵山の手仕事 しし汁 750円
  • まるごと鯵 400円
  • 日置ノ庄 600円
  • 長門やきとり3本串セット 1,900円
  • 二十世紀梨スパークリングワインボトル 3,500円

店内奥の立ち飲みスペースには、長門市の観光ポスターが貼られていたり、長門湯本温泉のプロモーション映像が流れていたり、ながとの観光地を眺めながらお食事ができるようになっていました。

こちらの立ち飲みスペースで、「『るるぶキッチン×山口県長門市』特集フェア」のオリジナルメニュー5品がいただけます。

△長州黒かしわのカオマンガイ

△猪肉の旨辛煮ライスバーガー

△仙崎イカのメンマ

△地酒 ほれぼれの熱燗 イカゲソを添えて(写真左)/長門ゆずきちを使ったタコの酢の物(写真右)

どれも食材を活かしたオリジナルメニューで、お酒とともに味わいたい一品となっています。

店内奥の冷蔵スペースには酒処とあって、さまざまなお酒が並んでいます。

その中に、長門の「ほれぼれ(純米吟醸)」と「二十世紀梨スパークリングワイン」もありますので、ぜひ一緒にご賞味ください。

また、今回の特集フェアでは、長門市の紹介とオリジナルメニューが掲載されたリーフレットを配布しています。

この機会に、リーフレットで<ながとの情報>を掴みつつ、オリジナルメニューで<ながとの食>を堪能し、長門市の話題で楽しいひとときを過ごしていただければ幸いです。

特集フェアは、1月31日(月)まで。ぜひお立ち寄りください。

information

【店舗名】るるぶキッチン 酒処 何方此処
【期 間】2022年1月4日(火)~1月31日(月)
【時 間】13:30~23:30
【定休日】不定休
【公式ページ】https://jtbpublishing.co.jp/service/rurubukitchen.html
【公式食べログ】https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13250698/
【特集フェアについて】https://jtbpublishing.co.jp/topics/CL000422