ななびのお知らせ

nanavi_news

モデルコースを歩く〜絶景と食と温泉と〜

記事更新日:2019.04.26

ライター情報:長門市観光コンベンション協会

モデルコース「絶景と食と温泉と」

鳥居の赤・海の青・自然の緑のコントラストが写真映えすると評判の「元乃隅神社」に、2018年オープンの道の駅「センザキッチン」、そして観光まちづくりが進む「長門湯本温泉」。今回は、そんな長門市で話題のスポットをめぐるモデルコースを、実際に歩いたレポートをお届けします。

9:00 観光案内所YUKUTE

「THE NAGATO JOURNEY BEGINS HERE(長門の旅はここから始まる)」の文字が目をひく、道の駅センザキッチンの観光案内所「YUKUTE」。今回のモデルコースはこの場所から始まります。

案内所でまず目に入ったのは、長門市の観光パンフレット「Nagato is calling」。

表紙に映るスポットを指差し、「ここ、誰かのSNSで見たことある」なんて会話が弾みます。

話題のスポットへの行き方や、好みに応じたお店の情報まで。

カウンターで「YUKUTE」のスタッフと話を交わし、どんな旅にしようか想像を膨らませます。

長門市観光案内所YUKUTE

【場所】長門市仙崎4297-1 道の駅センザキッチン内
【営業時間】9:00〜18:00(年中無休)

10:00 元乃隅神社

YUKUTEから西へ約20km、山を越えて海が見てくると出会える絶景。

海の青色が映えて見え、駐車場も比較的空いている午前の早い時間帯がおすすめです。

駐車場から少し下り、123基の鳥居が連なる「元乃隅神社」をまずは下から眺めます。

上からの景色が有名なこの場所。本来の順路は、下から上がっていくのだそう。

鳥居の合間から見える海を眺めながら、赤いトンネルをくぐっていきます。

123基の鳥居を抜けた先、高さ6mの大鳥居の上部にあるのは賽銭箱。

願いを賽銭に託して、「せーの!」と高く放り投げます。

最後は、絶景をバックに写真撮影。

赤・青・緑のコントラストが鮮やかな1枚が撮れました。

元乃隅神社

【場所】山口県長門市油谷津黄498
【参拝時間】日の出から日没まで
【駐車場】乗用車116台・バス6台・二輪車20台程度
【駐車料金】乗用車1時間300円(以降1時間100円、最大500円)、バス1回1,500円、二輪車1回100円

11:00 千畳敷

元乃隅神社から、車でわずか15分程度。

標高333mからの景色が楽しめる「千畳敷」も、合わせて訪れたいスポットです。

海の向こうに見えるのは、長門市の北部にある「青海島」です。

爽やかな風を全身で浴びてリフレッシュした後は、再び海を眺めながら仙崎へ車を走らせます。

千畳敷

【場所】山口県長門市日置中1138-1
【駐車場】無料

12:00 道の駅センザキッチン

再び帰ってきた、道の駅センザキッチン。

やきとりや海鮮丼をはじめ、長門市の海の幸・山の幸が存分に味わえる飲食店が軒を連ねます。

中でも今回選んだのは、直売所の奥にあるバーベキュー施設「グリルハウス」。買ったばかりの食材を、海を見ながら自分で焼いて食べることのできる場所です。

準備から片付けまで、すべて自分でやろうとすると大変なバーベキューも、ここなら気軽に楽しめます。

名物のやきとりに、仙崎のイカ。どれも炭火でじっくり火を通していただきました。

昼食後には、お土産を選んでみたり、海を見渡せるシーサイドデッキを歩いてみたり。

先ほど訪れたばかりの「元乃隅神社」の鳥居をイメージした「とりいキャンディー」は、道の駅センザキッチンでしか購入できないお土産の1つです。

道の駅センザキッチン

【場所】長門市仙崎4297-1
【営業時間】9:00〜18:00(年中無休)※一部営業時間が異なる店舗あり

14:00 長門湯本温泉

続いて訪れたのは、道の駅センザキッチンから車で約15分南下したところにある「長門湯本温泉」。

温泉街を縫って流れる「音信川(おとずれがわ)」の両岸には旅館が並び、またいくつもの橋が架かる景観は、どこか懐かしい雰囲気が漂います。

現在は、温泉街のリノベーションを進める「長門湯本温泉観光まちづくり」が進行中。

より川辺の時間を楽しめるようにと整備された「飛び石」を渡って両岸を行き来します。

河川の遊歩道を歩く2人の足を止めたのは、足湯。

湯気に包まれながら手湯も楽しみ、ホッと一息つきました。

 

まちづくりの取組の1つとして、2017年には空き家をリノベーションしたカフェも開業。

こちらは萩焼のギャラリーカフェ「cafe&pottery音(カフェアンドポタリィ音)」、萩焼深川窯の若手作家の作品が並び、実際に器を使ってコーヒーやチーズケーキなどが味わえます。

思わず写真を撮りたくなるような、居心地の良い空間でのカフェタイム。

今日の旅を振り返りながら、至福のひとときを過ごしました。

気がつけば、そろそろ日も傾きはじめる時間。

「温泉にも入っていこうか?」と言葉を交わします。

絶景と食と温泉で、心も体もしっかり癒した2人は、またいつもの日々に戻っていきました。そんな長門市らしい「癒し」を、多くの皆さんにも体感していただけたら幸いです。

cafe&pottery音

【場所】山口県長門市深川湯本1261-12
【営業時間】11:00〜17:30(定休日:火・水曜日)

長門湯本みらいプロジェクト

温泉街のリノベーションを進めるために、社会実験やイベントなど、さまざまな活動を行う市民参加型プロジェクト。変わりゆく温泉街の動きは、上記の公式サイトで発信されています。

関連リンク